採用担当者なら知っておきたいIndeedの仕組みと特徴

Indeedについて

またたく間に世界ナンバーワンの求人サイトへ成長を遂げたIndeed。CMの影響もあって、加速度的に導入を決意される企業が増えています。

ただ、Indeedの仕組みや基本的な使い方がわからないため、導入を決めることができないと悩んでいる方も多いようです。
そこで、こちらではIndeedの基本的な仕組みと特徴について詳しく解説いたします。

採用担当者が知っておきたいIndeedの仕組み

まずは、Indeedというサイトの仕組みを抑えていきましょう。

Indeedはネット上のあらゆる求人情報を網羅するサービス

Indeedは、「ネット上にある求人情報をまとめて検索できるサービス」です。
機能はとてもシンプルで、仕事を探しているユーザーが「キーワード(職種等)」と「勤務地」を入力すると、インターネット上にある求人情報の中から条件に近いものが表示されるという仕組みになっています。

例えば、「営業」「愛知県」とIndeedで検索すると、愛知県で求人が出されている営業職の情報をまとめて確認できるのです。
登録されている求人情報は、全世界でなんと5億件。1秒ごとに9.8件ずつ求人情報が増えている計算となります。これだけ膨大な求人情報を一気に検索できるという手軽さを武器に、Indeedは世界ナンバーワンの求人情報サイトになりました。

求人広告は無料と有料の2種類

Indeedは、ネット上に存在するありとあらゆる求人情報をまとめているサービスです。
検索すれば条件に合わせて適切な求人情報が表示されるのですが、表示されるのはIndeedが無作為に集めた求人情報だけではありません。

じつは、企業側からも広告を出稿することができます。
Indeedで利用できる求人情報は、

・無料広告
・有料広告(スポンサー求人広告)

の2種類。

無料広告とは、Indeedに会員登録すれば誰でも無料で作成できる求人ページのこと。
無料広告の利用や登録は無料で、お金を払って掲載してもらう求人サイトと違って、広告の掲載期間が過ぎても求人情報が取り下げられることはありません。

Indeedの無料広告を使えば、半永久的に無料で求人情報を掲載し続けることができるのです。
一方で、「クリック課金型」の有料広告も利用できます。正式には、スポンサー求人広告と呼ばれるサービスで、

・検索結果の上位に求人情報が表示される
・「1クリックあたり○円」という課金制度で運用可能
・Indeed内の無料広告ではなく、自社の採用ページやATSへ誘導できる

というもの。無料広告は、時間経過や情報の更新などに伴って徐々にトップページから表示されなくなってしまうのですが、有料広告の場合はつねに検索結果の上位に優先的に表示してもらえます。

Indeedの調査によれば、有料広告の導入で求人情報のクリック数が最大5倍に増えたという結果もあるほどです。
広告の中には、「広告が表示された回数×1回あたりの金額」で広告費がかかるものもありますが、クリックされるまで費用がかからないIndeedの有料広告なら効率良く求人広告を出せるのです。

有料広告は一定料金を「チャージ」すると利用できる

ちなみに、Indeedでスポンサー求人広告を出す場合、事前に一定料金(代理店経由の場合は12万円以上)を先払いでチャージしておく必要があります。
チャージした金額の中から、求人情報がクリックされた回数に応じて利用料が引かれていくという仕組みです。

事前にチャージしている金額以上のお金を請求されることはないので、予算が限られている場合や、試しにIndeedの利用効果を調べてみたい場合も安心して利用できます。

求職者にアピールするための自社ページもIndeed内に作成可能

Indeedでは、サイト内に広告とは別で「自社ページ」を作成可能です。会社のロゴマークやこれまでのストーリー、社内の写真、求職者に知ってほしい魅力などを無料でアピールできます。

また、現職の人間や求職者による企業のレビューや口コミもつけることができるため、いわゆる「口コミ効果」で応募者を増やすこともできるでしょう。

これまでの求人サイトとは違う!Indeedの特徴まとめ

グラフを見るビジネスマン
ここまでは、Indeedを使う上で知っておきたい基礎的な仕組みについてお話しました。ここからは、「実際、Indeedを採用活動に使うとどういうメリットがあるの?」といった観点から特徴をご紹介します。

広告費用の無駄を徹底的にカットできる

Indeedがほかの求人サイトと違うもっとも大きな特徴は、「無駄のなさ」です。
一般的に、求人サイトに求人情報を出すためには、掲載期間や広告のサイズに応じて広告費を支払います。

このタイプの広告は、掲載期間が終わると広告が削除されてしまうのが問題です。たとえ応募者が一人もこなかったとしても、かかる費用は変わりません。
また、自社サイトで求人情報を用意してネット広告で集客するという方法もありますが、「表示回数×広告費」タイプの広告だと費用が莫大になってしまいます。

その点、Indeedの有料広告はクリック課金型。広告をクリックするのは基本的に自社の求人に興味がある人だけなので、必要最低限の費用で効率良く求職者にアプローチできます。
また、Indeedの有料広告は、掲載期間の設定変更も自由自在です。「応募者が一定数集まったから広告をやめる」「人手が足りなくなったから急遽人を募集する」など、社内のニーズに合わせた採用活動ができます。

求人広告の効果や求職者からの反応を分析・改善できる

有料サービスとはなりますが、Indeedでは「求人アナリティクス」というツールを使って、

・広告のクリック数
・どんなキーワードが良く検索されているのか
・どのキーワードで検索された際に広告のクリック率が高いのか

といった広告の効果を手軽に分析可能です。

データをもとに求人情報の表現を変えてみたり、クリック単価を調整したりすることで、より求職者からの応募率が高い求人情報へと改善していくことができます。
チャージ方式で比較的少額から利用できるため、求人情報のテキストを書き換えて、どちらのほうが良いかテストするといった使い方も可能です。

少子高齢化が続き、若い世代の獲得が難しくなっていく現状を考えると、競合他社より先に優秀な人材を確保するためには効率の良い求人の方法も学んでいく必要があります。
Indeedは、求人の効果を手軽に測定できるテストツールとしても最適なのです。

Indeedは代理店経由で使うのがおすすめ

Indeedを利用する場合、代理店を通してスポンサー求人広告を利用することをおすすめします。その大きな理由は、代理店を通したほうが広告内容やクリック単価の改善を効率化できるためです。

Indeedの知名度が上がるにつれて、「ただIndeedに求人を掲載しただけ」では中々求職者を集められなくなっています。膨大な求人情報の中から自社の求人を目立たせるためには、広告の表現や採用条件、クリック単価などの調整が不可欠です。

「Indeedに興味があるけど、本当に効果があるのか不安」
「採用活動を効率化して求人にかかるコストを抑えたい」

という方は、ぜひ代理店の利用も検討してみてください。

Indeed広告を最大限に活用する採用支援プログラム『ToruNavi』へのお問い合わせはコチラから!
資料請求・お問い合わせ

関連記事一覧