Indeed運用セミナーでよく取り上げられる3ケの内容を解説

Indeedについて

Indeedは、各メディアへ広告を大量投下して知名度を上げ続けている、求人に特化した検索エンジンです。世界60ヶ国28言語以上で展開中しており、毎月2億万人以上のユニークビジター数を記録。幅広い業種での人材確保に不可欠なサービスです。

Indeedの数々のメリットを最大限活用して求人を募集するために、さまざまな運用セミナーが開催されています。
セミナーは、企業と採用担当者が理解しておくべきポイントの紹介を中心に解説されます。

ここでは、Indeed運用セミナーでよく取り上げられる3つの内容を解説します。数多く取り上げられる内容を確実に理解し、同サービスのメリットを最大限活かした有効活用を目指しましょう。

1.Indeedに求人を掲載するメリットの具体的解説

確かな費用対効果を得るためには、Indeedへ掲載するメリットを正しく理解のうえで、自社の求人活動とのマッチングを見極める作業が欠かせません。

同サービス活用のメリットとして、無駄な費用が発生しない、独自のクリック課金制の採用が挙げられます。多くの求人媒体を利用する場合、1週間単位あるいは1ヵ月単位など、掲載期間に応じた費用が発生します。対してIndeedでは掲出ページが閲覧された時にのみ不要が発生する料金システムのため、無駄がありません。仮に自社掲出ページが1度もクリックされなかった場合、広告費は一切発生ません。

クリック単価は職種や地域によって異なりますが、平均80~300円程度で、仮にクリック単価が100円の場合、100回の閲覧で1万円の費用が発生します。

次にIndeedは掲載の停止のタイミングを、利用者が自由に決定できます。求人枠が埋まってしまった後も掲載が続いてしまい、無駄な費用や締切後の問い合わせへの対応など、無駄な出費や負担を回避できます。また後日再度同一内容を掲出したい場合には、以前のデータをそのまま使い回すこともできます。

またIndeedでは、管理画面から掲出中の求人情報に対する反応の詳細の確認が可能です。リンクの表示回数、クリック数、平均クリック単価、求人内容の閲覧数、応募率、応募単価などの確認から、改善策を立てるデータとして活用できます。たとえば閲覧数に対して応募数の比率が低いケースでは、応募者の希望条件にミスマッチな条件である可能性が推察され、時給アップなどの対応の必要性が視野に入ります。

2.料金プラン別のメリット

選択肢 人形

Indeedへ求人情報を掲載する場合、無料プランと有料プランの2つがあります。この2つのプランでもそれぞれメリットがあります。

無料プランのメリットは掲載費用の抑制

無料プランのメリットは、なんといっても掲載費用がかからないという点。

有料プランは社内労力を軽減できる

一方有料プランは、Indeed検索画面のスポンサー枠に表示させることができ、求職者の閲覧を増やす事ができます。原稿作成、訂正、クリック単価の調整、掲載内容の分析から改善対応まで全て自社対応する必要があります。

原稿作成、訂正、クリック単価の調整、掲載内容の分析から改善対策を行うリソースが社内にない場合は代理店の活用をおすすめします。それらの作業を代理店が代行します。人材募集に関する自社内の労力を抑え、専門家に一任してより確実な費用対効果を期待できます

当社でも「採用支援プログラムToruNavi」というサービス名でIndeedの運用代行サービスもを用意さしています。見積もりや利用相談も、このwebサイト上のトップページにあるフォームからご相談ください。

ちなみに当社では、企業のwebサイトがIndeedに対応しているか否かの確認と、非対応の場合には修正作業、アカウントの開設から初期設定など、最初に必要な作業も代行します。

3.より有力な候補者を確保するための活用法

求人募集や求職活動が、インターネット上に移行した昨今。各企業の採用担当者には、常に新しい専門知識を取り込み、それらの迅速確実な活用が求められています。明日の自社を担う人材と、より確実なファーストコンタクトを叶えるための戦略とデータが必要であり、それらの有効活用が、有力な候補者の確保に不可欠です。

たとえば、クリック回数や閲覧数に比例した応募がない場合、職務概要に目を通した段階で応募を見送られている可能性が否めません。応募者に自社の業務や職務内容が具体的に伝わる内容が記されておらず、ただの職務案件リストと見る側に映ってしまっている結果であり、配信内容の修正と改善が必要なケースです。

Indeedの有料プランでは、こうしたデータ解析からの改善代行サービスが受けられます。

次に検索にひっかかる文章作成のスキルの重要性も見過ごせません。今後の採用市場は従来以上にデータ志向が望まれると推察されます。どこでデータを入手し、どのような統計がより多くの候補者の確保につながる鍵となるのか、正確な分析と理解が必要。

Indeedは、候補者の確保に繋がる調査結果を発表しています。

求人告知の文字数が応募数と関係する

Indeedは求人告知の文字数が、応募の比率と密接に関係するという興味深い結果を発表しています。

長い職務説明文は、読み手の興味を失わせ、途中離脱の原因になると思いがちです。しかし、むしろ700文字以下の告知は、1500文字程度の告知と比較して、25%応募率が低いと、Indeedは説明しています。このことから、求職者がより多く深い情報を欲している、何よりの証拠と言えるでしょう。

このほか、見えない相手に対し、通り一遍的な情報配信を行わず、自社が望む人材にマッチした見込み層を狙った求人募集も重要です。自社が業務上の目標目的を達成すべく、特定のスキル、能力、特質を有する候補者に焦点を絞ったアプローチが望まれます。こうした企業のブランド力を高める人材の確保に際しても、Indeedの有料プランは万全のバックアップ体制が整った、頼もしい求人検索エンジンです。

時代とともに変化する採用に対応するために

Indeedはこれまでの採用媒体とは違い、自動で求人情報を掲出中の各企業の採用Webサイトを読み込み、求職者である閲覧者の手元の画面に表示させる、画期的な検索エンジンです。

これは求人募集中の企業にとって、大変好都合なシステムですが、クリアしておくべき諸条件への対策が不十分な場合、一向に応募につながらない、アピール度を欠いた情報露出にとどまってしまいます。

各企業と採用担当者には、数多くのIndeed運用セミナーで取り上げられている内容に着目し、最大限の効果につながる活用法を見極める作業が必要です。

Indeed広告を最大限に活用する採用支援プログラム『ToruNavi』へのお問い合わせはコチラから!
資料請求・お問い合わせ

関連記事一覧