3ケの目的別Indeedの賢い使い方

Indeedについて

Indeedは従来の求人広告媒体とは大きくスタイルが異なることもあり、「自社に適した使い方がよく分からない」という悩みを持つ採用担当者も少なくありません。

ここでは、そんな採用担当者の悩みを解消するために、目的別Indeed活用のヒントをご紹介します。

目的1.とにかく無料で求人広告を出したい

無料での求人広告手段として有名なのはハローワークですが、Indeedも無料で求人広告を出すことができます。

googleアカウントやフェイスブックアカウント、あるいはメールアドレスなどを登録してアカウントを作成すれば、Indeedのフォーマット内に必要事項を入力するだけで、求人広告を作ることができます。

ただし、この方法で作ることができる求人広告は、テキストのみの非常にシンプルなスタイル。無料で求人広告を出すというニーズにはしっかり応えられるものの、見栄えは良くはありません。

そこでおすすめなのが、自社の採用ページをIndeedに掲載するということです。

自社ページをIndeedに掲載するためには条件がある

ただし、Indeedに掲載されるための条件は意外と細かく、自社のホームページの採用情報ページに掲載されている情報の内容について、指定や制限がいくつかあります。

さらに、Indeedが定めるいくつかの条件を全て満たしていることが必要となります。代表的な条件は以下のとおりです。

・他の求人サイト等へのリンク禁止
・会員登録しないと内容を見られないものは禁止
・求人応募に課金が発生するのは禁止

そのため、新たに採用ページを作ることはかなりの手間と時間がかかるのはもちろんのこと、元々Indeed向けではない採用ページを、Indeedに掲載できるように変えるというだけでも、ハードルが高くなってしまうケースもあります。

ただし、Indeedのフォーマットを使ったテキストのみのシンプルな求人広告では、応募者の目には魅力的に映らない可能性が高いのも事実。
無料の場合には、手間と時間がかかったとしても、Indeedの仕様に適した自社サイト採用ページを用意したほうが求人広告としての効果は高くなるでしょう。

目的2.効率よく求職者が集まるようにしたい

起業説明会

Indeedは無料で求人広告を出すこともできますが、有料掲載枠もあります。有料掲載の求人広告は、無料掲載のものよりも目立つところに、しかも高頻度で掲載される仕組みとなっています。

つまり、Indeedの無料掲載ではせいぜい「求職者に見つけてもらえばラッキー」というぐらいの存在で、どうしても有料掲載のインパクトには負けてしまうのです。

しかし有料掲載にしたらそれだけで目立たせることができるというわけでもありません。それは、有料掲載にしている企業の数も膨大だからです。

お金を出しても求人を出しているライバル企業達の中で、より目立つようにするためには、以下の点に注目する必要があります。

・クリック単価の調整
・求人広告の内容や構成

以下で詳しく説明しましょう。

クリック単価は高ければ高いほど良いわけではない

Indeedの有料掲載は、「1クリックあたりの料金(クリック単価)×クリック数」によって企業に発生する料金が決まるという仕組みになっています。

こう言うと、クリック単価をとにかく高くすれば目立つだろうと考える人も多いのですが、実はそれは完全な正解ではありません。

Indeedの広告表示の優先度はクリック単価の高さだけでなく、求職者が検索してくるキーワードと、求人広告の原稿内容との親和性も重視されるためです。

つまりクリック単価を高くしても、求人広告の内容が良くなければ思ったほどに目立ってくれない可能性があるのです。

求人広告の内容を良くするには代行サービスがおすすめ

こうした問題を解決するためにおすすめの手段として挙げられるのが「Indeedの運用代行サービスの利用」です。

運用代行を実施している代理店に、広告出稿料金や運用管理費用を支払うことで、以下のサービスを受けられます。

・ターゲットが検索してくるであろうキーワードを想定した親和性の高い求人広告の作成
・運用実績を元にしたクリック単価の調整

つまり、質の高い求人広告とその後の的確な調整によって、Indeed内での求人広告が目立ちやすくなり、効率よく求職者が集まりやすくなるのです。

特に、Indeedの有料サービスである、リアルタイムなデータ分析に対応できる代理店は、求人広告を目立たせるために迅速かつ適切な対応が取れるのでおすすめです。

目的3.求人に時間をかけず自社の事業にできるだけ専念したい

求人をしたいものの、本業も忙しいのであまり求人に時間と手間をかけられないという企業も多いもの。
そのような企業も、代理店への管理代行依頼をするのがおすすめです。

おすすめしたい理由は3つあります。

Indeed向けに最適化された採用ページを作成してくれる

Indeedに関して熟知している代理店なら、求人に関する必要情報、要望を伝えるだけで、その内容を踏まえた上でIndeed向けに最適化された求人広告(採用ページ)を作ってくれます。

求人広告を一から自社で作るとなると膨大な期間を要してしまい「求人したい時期が来ても求人広告を作るのが間に合わない」などということになるケースも多いもの。代理店なら、複数の地域や職種にわたる採用ページであっても、早いところなら1週間~10日といった短期間で対応してくれます。

運用開始後にクリック単価や広告内容を調整してくれる

前述したとおり、代理店は求人広告を出してからの経過を見ながらのクリック単価や広告内容の調整なども考えてくれます。ここでも自社の求人に関する手間を最小限にすることができます。

多くの代理店は毎月レポートを出してくれる

多くの代理店で、運用の経過を報告するための月次レポートを出すというサービスを取り入れています。求人広告の閲覧数や応募者の割合といったデータはもちろん、今後の方針や予算上限などについても相談できるため、代理店任せにしていても安心感が得られる点も大きなメリットです。

「無料であること」にこだわらないのであれば代理店利用を

Indeedは無料で求人広告掲載をすることもできるすぐれた求人データベースですが、求人広告の目立ち方は有料掲載にはかなわないという弱点があります。また、自社でIndeedに適した採用ページを運営するには手間がかかるというデメリットも。

多少の出費が必要となっても、手間や時間をかけずに効率的な求人広告を出したいと考えるのであれば、Indeed管理代行サービスを提供している代理店を利用するのがおすすめです。

Indeed広告を最大限に活用する採用支援プログラム『ToruNavi』へのお問い合わせはコチラから!
資料請求・お問い合わせ

関連記事一覧