Indeedの解約方法は簡単!3つのタイプ別に解説

Indeedについて

Indeedを解約したい場合、まずは以下の3種類のうちどの掲載方法を使用しているか確認しましょう。

1.Indeedに直接投稿する
2.自動的に掲載される
3.有料求人広告に申し込む

どの方法で掲載しているかによって、解約・採用情報の削除方法も異なります。
今回は、Indeedの解約方法、または広告の停止方法を3つのタイプそれぞれで解説していきます。

1.Indeedに直接投稿した場合の解約方法は3ステップで完了

Indeedに採用情報を掲載する主流な方法となっているのが、Indeedに直接投稿するというものです。

この方法で採用情報を掲載するには、まずは無料アカウントの登録を行います。

アカウントの登録自体はメールアドレスだけで行えますが、求人広告の作成の前に必要な情報(会社名、従業員数、採用担当者の指名、電話番号、求人情報など)を入力する必要があります。採用情報の掲載はこの手順で完了。

その後、採用予定人数の内定者が決まったら求人広告を削除する必要があります。また、Indeedの利用が必要なくなった場合は、アカウントを解約しなければなりません。
それでは、実際の解約手順を見ていきましょう。

ステップ1:アカウントにログインする

まずは、解約したいアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。
ログインはこちらの画面から行ってください。
https://secure.Indeed.com/account/login

ステップ2:求人広告の削除を行う

ログイン後、求人タブから求人票の編集や一時停止、終了などを行うことが可能です。
求人票を削除せずにステータスのみを変更する場合は、「ステータス」をクリックし、ドロップダウンから「休止中」「募集終了」のいずれかを選択します。

検索結果から求人を削除したい場合は「休止中」を、検索結果および求人管理画面から求人を削除したい場合は「募集終了」を選びましょう。募集を再度開始したいときは、「募集開始」を選択してください。
また、求人情報の内容を変更したいときは、「求人を編集する」から職種名や勤務地、仕事内容などを編集できます。

ステップ3:アカウントの閉鎖

Indeedの利用が必要なくなった場合、アカウントの解約を行いましょう。
ログイン後、「アカウントを閉鎖」というリンクをクリックすると、確認画面が表示されます。問題なければ「閉鎖を承認する」ボタンをクリックしてください。

万が一、アカウントの閉鎖ボタンが表示されていない場合は、Indeedのカスタマーサポートに連絡して解約してもらう必要が出てきます。
カスタマーサポートへの連絡方法は以下のとおりです。

1. Indeed 採用企業お問い合わせページから「リスクエストを送信する」に進む
(こちらの画面から行えます⇒
https://jp.Indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA%E5%BA%83%E5%91%8A/contact-us
※Indeed求職者サポートページとは異なるので注意
2.ユーザータイプは「採用企業または広告掲載企業」を選択する
3.お問い合わせ内容は「お問い合わせ」で選択。氏名・会社名・ウェブサイト・電話番号などを入力後、お問い合わせ内容に解約希望の旨を記載する

アカウント登録後は最大72時間解約できないので注意!

アカウント登録後、すぐに解約することはできません。
アカウント開設には審査が入るため、承認されるまでに最大72時間かかることがあります。

そのため、解約手続きができるのはアカウント登録が承認されてからとなります。
また、一度アカウント閉鎖の承認を行うと、取り消すことはできないので注意しましょう。

2.Indeedにクローラーで掲載された場合は元の採用情報を消すだけ

データ消去
Indeedはハローワークや一般的な求人サイトのほか、新聞や企業のサイトなどインターネット上のありとあらゆる採用情報を自動巡回し、網羅的に収集しているところが特長のメディアです。Indeed特有のこのシステムは「クローラー」と呼ばれています。

たとえば、ハローワークのサイト上に求人情報が掲載されると、自動的にIndeedの検索結果に表示されるというものです。
このように、無料枠として自動的に掲載される求人を「オーガニック求人」といいます。この方法で採用情報を掲載する場合、アカウント登録をする必要はありません。

ただし、この方法は採用情報をIndeedに直接記入する場合と同じく、ガイドラインを遵守している必要があります。そのため、一定の条件をクリアしていなければならず、確実に掲載されるとは限りません。
無料枠に自動的に掲載された場合は、求人サイトから採用情報の掲載を取り下げれば自動的にIndeedの検索結果からも掲載が消える仕組みとなっています。

3.有料広告を申し込んだ場合の広告の停止方法

Indeedに採用情報を掲載するのは基本的に無料ですが、無料枠よりも上位に表示される「スポンサー枠」と呼ばれる広告部分への掲載は有料です。スポンサー枠に掲載されると、時間の経過とともに表示順位が下がっていく無料枠に比べ、求人情報へのクリック数が上昇するというメリットがあります。
スポンサー申込をしているがIndeedへの求人広告を辞めたい場合ですが、まず一度Indeedにチャージした広告費は解約をする場合も払い戻しすることはできません。ですので、広告費が残っている間は解約をせずに一時的に広告を停止し、先ほどの方法で求人情報を取り下げましょう。
そこで、Indeedの広告キャンペーンの停止方法をご紹介します。

予算を設定して自動で広告を停止させる

「自動設定」もしくは「手動設定」にて任意の期間の予算額およびクリック単価を入力し、予算を使い切ったときに掲載が終了するシステムです。求人広告にかける費用に上限を設けたいときは、こちらの設定を使用しましょう。ただ、予算上限に達して自動停止された後も、キャンペーンを一時停止しなければ月が変わったタイミングなどにIndeed側で自動的に広告を再開される恐れがあるので注意しましょう。また、こちらは広告が停止するだけですので、オーガニックでは求人が表示された状態になりますので、必要に応じて取り下げをしてください。

任意の予算を残している状態で一時的に停止する

キャンペーンの休止
キャンペーンを選択し、キャンペーンの状態を「アクティブ」→「一時休止」に変更し、「変更を保存」すればスポンサー枠への出稿を停止することができます。こちらもオーガニックでは求人が表示されたままになっていますので、Indeedから求人を完全に非表示にするには2.のように元の求人ページ自体を取り下げなければいけません。忘れずに処置しましょう。

Indeedの解約方法は簡単!解約せずに求人広告を削除することも可能

Indeedを解約したいときは、アカウントにログイン後「アカウントを閉鎖する」もしくはカスタマーサポートに連絡するという簡単な方法で行えます。
しかしながら、一旦解約してしまうとそれまで掲載した採用情報を確認することができなくなってしまいます。どうしても解約したい場合以外は、求人広告の削除を行うという方法を検討してみましょう。

Indeed広告を最大限に活用する採用支援プログラム『ToruNavi』へのお問い合わせはコチラから!
資料請求・お問い合わせ

関連記事一覧