採用支援プログラム Toru Navi -トルナビ-

IndeedがSEOに強いと言われている3つの理由

求人情報に特化した検索システムであるIndeedは、それ自体が検索エンジンとして機能しています。求人に関する情報のみを拾い上げてくれるため、求職者にとって便利なシステムであることは間違いありません。

ネット上の全サイトを検索できるGoogleなどの検索サイトでも、Indeedのページは高く評価されて上位表示されていることが多いのです。

IndeedがSEOに強いと言われている理由は、主に以下の3つ。

1.ユーザーにとって有益な質の高いコンテンツとなっている
2.圧倒的な情報量の多さ
3.利用ユーザー数が多い

それでは、それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

1.Indeedはユーザーにとって有益なコンテンツだと評価されている

Googleを始めとする大手検索エンジンは、ユーザーにとって有益なサイトを上位表示することを目的としています。
検索アルゴリズムは日々改善され続けており、できるだけ質の高いWebサイトが目に留まるように改良が重ねられています。

質が高い情報とは、信頼性が高く役立つものであること。
Indeedのページは「ユーザーに役立つ信用できる情報」が掲載されるようになっていますから、自然とSEOにも強くなっているというわけです。

ユーザーが使いやすいサイトになっており表示スピートも速い

Indeedでは、徹底して求職者目線に立ったサイト作りが行われています。つまり、仕事を探している人が情報を調べやすく、比較検討もしやすいWebページとなっているのです。

これがGoogleなどから評価される理由だと考えられています。
Indeedは必要な情報が記載されているだけでなく、独自性がありなおかつ使いやすいサイトになっています。加えて表示スピードが速いという特徴もあり、これも検索アルゴリズムから評価されているところです。

求職者がよく検索するキーワードがちりばめられている

そしてIndeedでは、求人情報に関連した検索キーワードが的確にちりばめられています。営業、アパレル、接客、事務、短期、寮完備などのキーワードと、各都道府県名や地域名が織り交ぜられています。

これらの組み合わせは、実際に求職活動を行っているユーザーが入力するキーワード。こうした検索ワードにぴったり合致するIndeedは、Googleの検索エンジンロボットから高い評価を得ているのです。

地方の市町村名でも検索できて便利

Indeedの強みとしてもう一つ挙げられるのが、マイナーな地域名でも求人情報を検索できるという点です。地方の市町村名で検索して求人案件を絞り込むことができるため、求人があまり多くない地域に住んでいる人でも利用できます。
細かいキーワードでターゲットを絞り込んだページが作られているため、求職者にとって便利なサイトとしてSEO的にも有利になっているのでしょう。

Googleは定期的に検索アルゴリズムのアップデートを行っています。不正な手段や小手先のテクニックで上位表示されているWebページを淘汰するために、日々工夫が加えられているのです。

これによって、本当にユーザーにとって役立つ質の高いページだけが残るようになっています。
Indeedのページはまさにそのような質の高さと信頼性を追求していますから、今後も検索アルゴリズムが精錬されていくに従って、さらに上位表示されやすくなっていくでしょう。

2.Indeedは求人に関する情報量が圧倒的に多い

情報量
Indeedが便利なサイトである理由の一つは、圧倒的な情報量の多さです。
求職情報は日々更新されていますから、ユーザーとしてさまざまな企業のページを見て、比較検討して考えたいものです。

また今の時代、一つの会社に応募するだけでは仕事を得られる可能性は低くなっており、一人で複数の求人案件に応募するのは普通のことになっています。
こうした事情を反映し、Indeedでもたくさんの情報を提供できるよう努力がなされているのです。

数十万件の求人情報を有するサイトはIndeedだけ

Indeedは「1秒間に10件のペースで増え続けていると」言われる世界中の求人情報を収集して、随時追加。世界中のWebサイトの求人情報を吸いだしているため、ほかの求人サイトとは圧倒的に情報量が違うのです。

日本企業の情報だけでも、正社員求人は50万~80万件以上、アルバイト求人は60万~90万件以上を掲載していると言われています。常時数十万件の求人情報から希望の求人を検索できるWebサービスは、ほかにはありません。

情報量が多いからたくさんの人が何度も訪れる

Indeedの月間総アクセスは2,000万以上と言われており、それだけ多くの人の目に触れられています。Googleなどの検索エンジンのアルゴリズムは公開されていません。

しかし、やはり多くのユーザーが訪れるサイト、そして何度も再訪問されるサイトは高く評価されることでしょう。
Indeedは「多くの人が何度も訪れるサイト」と認識されているため、SEOに強くなっているのです。

情報が多いサイトは被リンク数も多い

SEOに強い理由として、被リンクの多さも見逃せません。Webページが多くて情報量が多く、信頼できる情報が掲載されていれば、ほかのWebサイトでも紹介される機会が多くなります。
ほかのサイトからのリンクが多く貼ってあるサイトは、それだけ検索エンジンから高く評価されるという説もあります。そのため、被リンクの多さもSEOに強くなっている理由の一つと言えるでしょう。

3.Indeedの利用者数は非常に多い!なんと2億人以上

IndeedがSEOに強くなっている理由として見逃せないポイントは、利用者数が多いことです。なんと世界中合わせて2億人以上がIndeedを活用しているというデータがあります。
世界展開している規模とユーザー数を考えると、Googleなど大手検索エンジンも無視できない状況になっているでしょう。

Googleとしては、Indeedは検索エンジンとしてのライバルでもありますが、有用なコンテンツを提供してくれる味方でもあるのです。
Indeedは日本だけで展開している検索エンジンではなく、世界中で活用されています。米国、カナダ、英国、オランダ、イタリア、メキシコ、フランス、ドイツ、ブラジル、南アフリカ、などの国々でナンバーワンを獲得。
もちろん日本でも、利用者が多い求人サイト・第一位となっています。世界50ヶ国で求職者たちの役に立っているのです。

ユーザー数増加の理由は面倒な手続きがいらない敷居の低さ

利用者が多い理由の一つは、Indeedに掲載されている求人案件に応募する際、会員登録など面倒な手続きがいらないことでしょう。この敷居の低さが利用ユーザー数増加につながっています。シンプルで使いやすい作りになっているため、新たに利用し始める人が増え続けているのです。

ユーザー数が多いと採用活動を行っている企業もたくさん集まり、Indeedに掲載される採用情報が多くなっていきます。
そうするとさらに多くのユーザーがIndeedを活用し、それが検索エンジンロボットに評価されてSEO上位に表示されるページも増えていきます。このように、サイトの質・情報量ともにますますSEOに強くなっているのがIndeedなのです。

SEOに強いIndeedだからこそ採用活動にも役立つ

検索エンジンにとって信頼性が高いページが集まるIndeedは、SEO的に強く、求職者がネット検索した際に上位表示されやすくなっています。採用活動をしている企業はIndeedを活用すれば、自社の求人情報に合致するキーワードで検索するユーザーにピンポイントで出会えるでしょう。

このように、Indeedはユーザーにとっても、企業にとっても非常に使いやすいサイトです。その質の高さ、膨大な情報量、ユーザー数の多さで圧倒的なSEOへの強さを誇るIndeedを、採用活動に有効利用していきましょう。